株式投資手法

B・N・Fの手法(株式トップトレーダー)まとめ

日本のトップトレーダーの株式投資手法

株式投資の稼ぐ手法

資産200億ともいわれる株式投資のトップトレーダー
B・N・Fさんの手法とはいったい!?気になりますよね。

実はまだB・N・Fさんが駆け出しの頃に、手法を2chなどに公開しています。

その記事がこちら。

812 名前:B・N・F ◆mKx8G6UMYQ [sage] 投稿日:04/10/03(日) 16:40:18 ID:IdmbGKeE >>774 短期の逆張りで重要なのは乖離率だと思います。 乖離率がきつければきついほど反発しやすくなるのは 当然ですが、その時の地合によって買うべき乖離率の 水準はだいぶ違ってきます。01年や02年の相場では 25日移動平均線からのマイナス乖離が最低20% 安心して買えるのは35%以上の乖離率という感じでした。 35%乖離した株を買い反発したところで売り その段階でその株の乖離率は15%前後になり しばらくするとまた30%以上の乖離率の水準まで 落ちてまた反発狙いで買いの繰り返しでした。 短期の逆張り専門の人には天国のような相場だったと思います。 しかし、去年後半から今年の今現在までの相場にかけては 15%も乖離したら反発しちゃうって感じでした。

私は22%~28%以上乖離した 段階から買い候補に入れていきました。小売セクターが売られている時は これ等の銘柄群の乖離がきつかったです。 サービスセクターでも同じような銘柄群の乖離がきつかったです。 こっちは22%~30%以上の乖離率から買い候補に入れていきました。 銀行セクターは20%~30%以上。店頭銘柄のIT関連以外でバブル崩壊以降に 上場した銘柄群は22%~32%以上の乖離。店頭のIT関連は25%~45%以上の乖離。 マザーズの銘柄群は28%~60%以上の乖離。 これはこれだけ乖離してやっと買い候補に入れるというだけで アメリカなどの下げで更にここから売られてやっと買うというスタンスでした。 同じような銘柄群でも率に開きがあるのは流動性など個別に判断していかなければ いけないからです。低位株の1円に対する率の重さ並びに次から次へと30%以上乖離する株が 出てくる現状を目の当たりにして、これはすごいことになると思い 普通なら買う水準をスルーしまくりきつい乖離をしている株が 大量に出た所で35%~65%以上乖離した株を 買い捲りました。

【B・N・Fの逆張りスウィング手法】
B・N・Fの逆張りの特徴は、25移動平均線の乖離と出来高などを確認して、
注文を出していくロジックになります。

BNF氏が使っているチャートは、 楽天証券のマーケットスピード。
株マップ.comでも同じようなチャートを無料で確認できます。

25日移動平均の乖離率

BNFの手法で注意が必要なのは、
各セクターの銘柄群によって乖離の水準が違うという事です。
そして時期にも左右されますので、何よりも経験や分析がとても重要となります。

25移動平均線から22%~30%以上乖離した銘柄を、
BNFは買い候補に入れていき、各銘柄群でそれぞれ分けて判断しています。

BNF自身が言っていることで、
リバウンド狙い(逆張りスウィング)で取れる時期と
取りにくい時期があり、そこで新たに開発したBNF手法が、
BNFの順張りスウィング手法という事になります。

【B・N・Fの順張りスウィング手法】
CIRCUS (サーカス) 2006年04月号に彼の順張りロジックが公開されていました。
1、日経225先物取引の相場と連動する銘柄を売買する。
先物の動きは日経平均より先に動く傾向があり、
先物相場が上昇すれば、あらかじめピックアップしている主力株を買い、
先物相場が下落すれば、あらかじめピックアップしている主力株を売ります。

2、連れ高銘柄を狙った取引手法
値動きの似たセクターの銘柄グループをあらかじめピックアップして、
出遅れている株を狙って売買を行います。

BNFの言葉
仮に鉄鋼株を例にとると、相場の雰囲気が良い日などは、住友金属、新日本製鉄、神戸製鋼所、JFEホールディングスなど、その分野の主力株が軒並み上がるんです。

BNF自身は、600~700銘柄を登録して連れ高銘柄を狙った取引を行っているそうです。

BNF氏の逆張りスウィングを実践で行った事があるトレーダーであれば、
わかると思いますが、相場が下落している場面で買いに向かうというのは
結構な勇気が慣れるまでは必要です。

しかし、明らかな売りの場面で反発を見極めて買いに向かう、
言ってみれば少数派のトレードを行うからこそ、儲かるという事がわかります。

多くの個人トレーダーと同じ思考では、
結局、機関投資家や大口投資家のカモにされるという事です。
こういった考え方は稼ぐ為にとても重要なのだとわかります。

【BNFの取引銘柄】
2007年2月28日報道ステーションにて
BNF氏の取材中に撮影されたパソコン画面に映っていた取引銘柄。
トヨタ自動車
本田技研
新日本製鉄
住友金属工業
住友鉱山
三菱地所
三井物産
三菱商事
JFEホールディングス
野村ホールディングス
みずほフィナンシャルグループ
三菱UFJフィナンシャルグループ
三井住友フィナンシャルグループ
NTTドコモ
ソフトバンク
ソニー
キヤノン
双日
東京電力
武田薬品

【BNFが使用する情報ツール】
IPO銘柄の情報入手方法としてBNFが使用しているトレーダーズプレミアム。
月刊CIRCUS 2006年4月号にて話されています。
このサイトはかなり多くの情報が入手できるらしく、他には情報ツールが必要ないとも言っています。

トレーダーズ・プレミアム

株式情報の「トレーダーズ・プレミアム」

BNF氏の情報は、2013年現在からすると少し古いようにも思いますが、
しかし、トレーダーとしての考え方や手法は、十分通用します。
既に成功している人に学ぶという事は本当に大事なことだと個人的思いますし、
多くの失敗を乗り越えてきた道筋をたどっていくことで、無知なトレーダーが
通る失敗を事前に回避していくこともできます。

ネット上にはかなり色々なBNFさんの噂も飛び交っていますが、
最終的に複数の情報を集めていくと、何が真実で何が嘘なのかも見えてくるものです。

関連記事

  1. KMSプロジェクト実践レビュー(株式投資で稼ぐテクニック)

  2. 精度の高いブレイク手法(株式投資デイトレード)

  3. 株式投資で勝てるプロのマネして稼ぐ手法

  4. 株式投資の空売りテクニック

  5. 株式トレーディングシステムで月利平均20%越え

  6. 神リッチプロジェクト評判(参加したが何か?)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP