株式投資の実践勉強1(ダウ理論)

no

相場の原理原則を知りチャートを読み解く力を身につける

株式の勉強方法

ダウ理論は、国内海外問わず有名な主要トレンド識別法で、
多くの投資家がダウ理論を取り入れて実践でチャート分析などを行うという事は、
マーケットに対して優位性があり、知っておいて損はないという事になります。

チャールズ・ダウが考案したダウ理論の基本項目は、
1、平均株価は全て織り込む
2、株式は3つのトレンドサイクルがある
3、主要トレンドは3つの段階で構成される
4、平均は相互に確認されなければならない
5、トレンドは出来高でも確認される必要がある
6、トレンドは、転換の明らかなサインが出るまで継続する

ダウ理論の基本は多くのサイトで語られていますので、
当サイトではダウ理論を実際に、どのように活用してテクニカル分析を
行っていくのかについて紹介していきます。

まずチャート分析する際に重要となるのは、トレンド認識です。

チャートをパッと見て視覚的に、「上昇トレンドだ!」「下降トレンドだ!」
といったレベルではなく、トレードを行う上で必要になるのは、
現在の株価はどこへ向かっているのかを知らなければ、買い場なのか売り場かを
判断することができません。

トレンドの定義とは、
上昇トレンドの場合、高値と安値の切り上げ。
下降トレンドの場合、高値と安値の切り下げ。

ダウ理論から株式投資を攻略する

上のチャートは、日足の上昇トレンドを参考にしていますが、
下降トレンドの場合であっても高値と安値の切り下がりを確認して
現在のトレンド状況を把握して、トレードシナリオを練っていきます。

ダウ理論の6で「トレンドは、転換の明らかなサインが出るまで継続する」
とありますが、上の日足チャートを確認するとトレンドの頂点では、
Pin Barとなっており、短期的なトレンドの終わりを示しています。

チャートの基本分析といっても奥がとても深く、
本質を理解して実践で活用できている個人トレーダーであれば問題ありませんが、
何も根拠もなしに感覚でトレードを行っているトレーダーであれば、
こういった基本的な株式投資の勉強をする必要があります。

ローソク足やチャートパターン、トレンドラインの活用や、
マルチタイムフレーム分析の方法など、勘に頼ったトレードでは、
運良く結果を出せても、5年10年と長期的に稼ぐことは難しいと言えます。