仕手株銘柄で稼ぐ方法

no

資産を何倍にも膨らませる仕手株銘柄で稼ぐ手法

2013年から2014年にかけて仕手株で稼ぐリスト。

株式投資を初めて3年で2億もの資産を構築することに成功した、
加藤和也の仕手株銘柄の動きを先読みし短期間で資産を増やしていく手法

仕手株とは、
大口の投資家や、資金を豊富に持ったプロの投資集団が
ある特定の銘柄にターゲットを絞り故意に株価を吊り上げ、
一般の投資家を誘い込んで急騰や急落させて稼ぐ株の銘柄です。

こういったプロの投資集団を仕手筋や仕手集団と呼びます。

今回紹介する仕手銘柄で稼ぐ手法は、加藤和也氏が長期間にわたって
実践している仕手銘柄を早めに察知して仕込みを行い、暴騰した時点で売り抜ける
やり方で、彼自身この方法で2億円以上の利益を上げています。

上がる株銘柄の探し方(2013年と2014年の仕手株銘柄)

仕手銘柄は、仕込みを行ってから1週間から2週間で
株価が2倍以上になる事も頻繁にあり、仕手筋の動きを早めに察知できれば、
低リスクで高パフォーマンスを実現することができるのです。

加藤和也氏の事前に仕手株銘柄を見破る方法が凄い点は、
その精度の高さが、ズバ抜けているという事。

あなたがもし、暴騰する1週間前に仕手株銘柄に仕込みができたら?

と考えたら凄い事だと思いませんか?
たまたま偶然に良い時期に仕込めただけというなら、意味がありませんが
数年間も継続して高い確率で、仕手株から利益を抜き取れているのですから
疑う余地もありません。

仕手株銘柄を狙う場合には、動意づいてから参加したのでは
大きくレートが上下に動く可能性があり、リスクが高く危険なだけです。

大事なことは、仕手株銘柄に底値で仕込むという事。

株価が暴騰する直前のシグナル(共通するクセ)を知る事で、
長い間、資金を寝かさなくても仕込みから1週間から2週間程度で
大きな利益を狙える資金効率のいいやり方です。

短期的にしか使えないようなやり方ではなく、
長期間実践で通用している分、加藤和也氏の仕手株銘柄を狙った手法は、
信頼度が高く、慣れてくれば面白いように利益に変えることができます。

まずは、具体的なやり方を確認してみてください。

加藤和也氏の実践仕手株ロジック⇒